2016年05月28日

Update: Clementi, Holland Villege

ちょっと足を向けないでいると変わってしまうのがシンガポール!

良かったり、悪かったり(≧∇≦)

お店は家賃値上げで やむなくギブアップなきとも。
オーチャードの高島屋ですら今その渦中らしい。

まずはクレメンティの駅前ショッピングモール

E2B88A7E-0214-4C2B-B6F5-6BCEA2DD16C0.jpg
まあ どこにでもあるフードコートですが、試してみたいストールがなんてんかあました。

最近の値上がりで5ドル前後と言うところですが、内容は良さそう。

0EF7AB31-3391-4DE9-9AF9-B34882B760E6.jpg
こちらもいたるところにあるフィッシュ&カンパニーですが、シンガポールには珍しく窓があって明るい雰囲気が良いです。

次はホーランドビレッジ

A5CD775F-8A7C-47DD-B0A4-2B759BD2B729.jpg
ホーランドの名前を唯一彷彿させる水車を飾りに持つビルが取り壊されていました。

御用達のお店はなかったのでなくなって困りはしないけれど ちょっと寂しい。

95A3720B-0FBC-4B24-86FD-28CE5224D2E2.jpg

以前郵便局のビルがあった跡地に建ってます。完成までに結構時間かかりました!入ったのはラッフルズホスピタル。

9E6C865D-6A54-4CC1-B510-B03DAB577911.jpg

いくつかお店も変わっていました。ここは時々揚げあんぱんを買っていたパン屋さんプロバンス跡じゃないかな?!(≧∇≦)

9093CAD4-127E-44FC-B67C-C4DCC9CA67AD.jpg

プチバーガーですって!

ここもテナント料上がったんだろうな〜

94667043-AAED-49F0-AE79-5BA2A757E999.jpg
でもランチに食べたワンタン麺は2.5ドル。
今では破格に安い!200円ぐらいです(^O^)/
いつまでいててもらえるか?昔ながらフードコート!


posted by グリーン at 14:24| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

シンプルに!

本は全く知らない世界の扉を開けてくれます。

この本もそうでした。

7001950C-0EC5-442E-A67A-54D5CE5DE69B.jpg

マックは自分に関係ないと考えるWindowsユーザーだったので、マックの華々しい新製品のキャンペーン、広告は他人事でした。毎日目の前を通り過ぎるニュースの一つでした。

スティーブ ジョブズの名前は知っていました。
でも ほとんど知らなかったのです。

もしかしたらいきなりユニークな本に出会えたのかもしれません。

著者のケン・シーガルはアップルの製品をプロモートする広告会社のクリエイティブディレクターで、スティーブ ジョブズと12年間仕事をしてきた人です。

よってアップル社やスティーブの歩みも追っているけれど、それ以上にジョブズのパーソナリティが生き生きと描かれていました。

世間が評する姿は第三者的に描き、小さなチームメンバーの閉ざされた世界のミーティングの様子は読者が覗き見できるように描かれていました。張り詰めたミーティングの空気を作るのは妥協がないイメージを持っているジョブズせいで、その臨場感が伝わってきました。

その妥協のなさは、周囲の当たり前の感性の人たちを怯えさせ、傷つけるのが日常だった様子も想像できるほど。

理想を追うことを口にするのは簡単だが考えを研ぎ澄ませ、具現化させるのは並大抵ではないこと。多くは語られていないけれど、それがベースにあることは想像に難くなくジョブズのOKを得る仕事を完成させるには死に物狂いだったに違いない。

でもiPhoneなど製品が全てを語っている。
それなしには生まれなかった。

ジョブズは、人の心を思いやるより、社会を変える仕事を何よりも優先したのだろう。儲けにもこだわった。

人間的には世間で言う大人の精神が欠落して、良いように表現するなら子供のような素直さがある。

躾けられて中途半端に大人のふりをするのに慣れている自分には付き合いたくない部類の人だと思う。

でも魅力的と感じるところも多い。

スタイルにこだわる点。全てにおいてシンプルにを核にしてブレがない。

体裁にこだわらない。
有名な彼の卓越したプレゼンもそうなのだそう。一見ラフにに見えるけれど、周到に練られ練習して完成したプレゼンだと表現されている。
ミーティングにおいては、井戸端会議に近いラフな感じで形式がない。でも最小人数で参加者全てがいるだけでなく、参加し、無駄な時間を使わない実をもった会議であるべきというのがスタイル。

信念があるから不可能を可能にする。
いくら有名とはいえ一企業のコマーシャルに現役大統領の起用を考え実行するだろうか?彼はした。マンデラさんに打診し断られた。諦めずにクリントン大統領に直談判し説得をお願いした。なぜなら、think differentのコマーシャルには、コンセプトに相応しく尊敬するマンデラさんにどうしても出てもらいたかったから。結果はアメリカ大統領という強いツールを使っても叶わなかったが、やれることのベストをしたのである。

人間らしい信奉で命を縮めた。
癌が見つかったのに直ぐに手術をしなかったのは自然療法の信奉ゆえだったようだ。
私も運命を信じるから同じ選択をしそうだが、彼はそれで生きれると思っての選択だったようだ。仕事へ未来の道を描くトップの人であれば ここは化学療法で元を絶ち、生き方を改めるのに自然療法を術後にした方が良かったのだろう。
仕方がない。逝き急いだ大物としての運命だったということか。

禅を学び信奉していたという。その辺りがシンプルにこだわるマインドにつながったのではないだろうか?そして、ストイックなその生き方が私に魅力的に映ったのだと思う。

全く遠い存在だった1人が一冊の本で急接近。

面白いことである。


posted by グリーン at 11:25| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

髪ショートに

昨日は久しぶりのブルースカイ☀️

FD061199-A4C1-49E3-A5FF-21D5DBEF10B2.jpg

暑すぎる日は入道雲。
でもこんな薄い雲がかかる日は爽やか(^^)v

実は美容院に向かって遅れそう(≧∇≦)と
焦りながらのバスの中から撮った一枚。

DBFD3974-44D9-4CE9-BE46-6FCEFE50B238.jpg

ヘアカット終了後の髪の毛を集めると
こんなにも!

約半年分です。

軽くなった🌟

気持ち軽くなったところで友人とランチ

2B7D104E-B08A-4139-8FC6-5E508A53B490.jpg
撮るよ〜と言ったら この様に
構えてくれました。彼女とは
3年ぶりに会う様になったのだけれど
イメチェンしてましたね。
金髪ナイスです!


68D21A07-3CE1-4116-B632-248ECA5CA9E9.jpg

いつもの経済飯に見えるけれど、否
マレーフードです。

グレービィのカレーが辛かった!

今時の人のこと、同世代のこと、仕事の姿勢など話題は尽きずあっという間のランチタイム終了。

彼女のボスは今読んでいるスティーブ ジョブズに似た様なところもあって その話題も興味深かった。
posted by グリーン at 09:27| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

夢をかなえろ象

あら タイトルまちがい
夢をかなえるゾウでした!

今回読んだのは3作目

995BFFF8-8FC6-4F3C-967F-75972F6B42BA.jpg

黒ガネーシャが出てきます。
前回の続編エピソードらしく登場人物というか
神様に釈迦と貧乏神が第2編に続き登場。

何をやっても中途半端で月並みながら
素敵な人と結婚したいだのお金持ちに
なりたい夢を抱きつつパワーストーンを
買ってお金を無駄に使うOLが主人公。

物語は 何をやってもうまくいかないところに
大当たりの占い師を信じて二束三文のガネーシャ像をローンを組まされて買ってしまうことから始まります。

そんな彼女の元に怪しげな黒い象がやってきて棲みついちゃって、けったいな大阪弁で指南しているような下手な漫才やってるような。

けったいな象は神様だ!ガネーシャだと
のたまうが言動メッチャ怪しい。

なのに10回に一度ぐらいいい話するのよね。
もちろん それがこの本の言いたいことなんでしょうz

「自分分かってへんな〜」
っていう調子で、ケチつけたり、励ましたり。

やがて同志のようにチームを作ったプロジェクトばりに。

で、最後はあれれ、ガネーシャと主人公は同棲していた心通う男女の関係でない家族みたいに(^^)

楽しませて頂いたわ〜。ためにもなった!というか、やはりと腑に落ちるところも。
神頼みは心の安寧のためだけで、やはり自分が行動をおこさなくてはならないということです。自分は何を本当に求めているの?本気だったら何をすべきか考え、そして行動をする。それだけのこと!を長い物語でかたっていたのではないかしら?
ベサックデー(釈迦のお誕生日)にふさわしい話題に?!

4589912A-C88E-4D17-98D5-0020AEE406EC.jpg

こちら本物のガネーシャ像


posted by グリーン at 16:33| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

シーメイ演奏@EXPO

昨夜が本番でした。
いつものことながらみんな本番に強い!
失敗なく時間内の演奏を終えられただけでなく
いつもとちょっと違って達成感がありました。

これまでの中で一番良かったかもしれない。
皆曲に乗れていたし(^O^)/

そのご褒美のように曲が終わるたびに
拍手が頂けた(^_−)−☆

これは正直な反応で、今回初演奏の曲目の
終わり方が中途半端だった曲には 間合いを
入れられた拍手だったから。

アドレナリンを発した分 今朝は体が重い。
昨日の一指禅のせいかもしれないけれど。

さて昨日のパフォーマンスの記録です。

依頼はシーメイCCから

イベントの余興として呼んでいただき、
活動費になるお礼も頂けるというものでした。

C736607E-8719-43D5-AD5F-8D8D5396E538.jpg

チャンギ地区のの企業グループが優秀な地域の子供を表彰するためのもので、子供達がファミリーと共に招待されていたようです。Bursaryとバーナーに書いてあったけれど、表彰されていたのは小学生の子供達も含まれていたので大学の奨学金ではなさそう。

E647ECD3-CEAD-4622-8727-96AADADEED07.jpg

私達に与えられた時間は1時間
これまでより断然長い時間だった!
始めてパート分け。3部門に分けて
順番に演奏しましたが、会のスケジュールの
スタートが遅れていたせいか
結局全曲は演奏できずパート3がカットされました。

毎日曜日の練習では全曲の通し練習は出来なかった!
ラピュタとペイフォーンは全員今回が
始めて公開演奏。私はさらに数曲が初でした。

という状況でよくできました!!

リハーサルに4時シーメイ集合。
珍しく早々にスタートし 真面目に(^_−)−☆

バスが6時過ぎに到着

BB81E3FA-C4F5-493C-B482-DA049F07D348.jpg
二胡なら持ち運べるけれど、ベースや楊琴など
大きな楽器もあるので。

エキスポは近いから乗れば5分程度で到着。

会場設置中のイベントホールに到着

F64C64BD-A9DA-4763-87B8-8B3D1174B813.jpg

ステージはちょっと狭い。
でも、みんなが近いのは心強い?!

08630CCA-6DC1-40AB-A3E4-21C4A97F18C7.jpg

お客様方が到着される前に用意頂いた
お食事を頂きました(^O^)/

C34B3605-EE10-45C7-AAF9-68CBFC872D05.jpg

これは直前リハの様子です。

BF420A60-C627-40DE-9D6D-023CEF464B2E.jpg

無事終わって晴れ晴れ笑顔(^○^)vの二胡チーム

お疲れ様でした〜〜
2016年5月15日(日)
posted by グリーン at 08:45| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

一指禅

最近 AH先生は毎週来てくださっています。

中国人の暗黙の担当分けは今もってりかいしにくい。

ハンヤンハンヤン 白い服の人、ミスターローが 何故かやりたがっていてAH先生がそれを良しとしている。

今日はミスターローが遅れてきたのでAH先生が始めてくれていたのだけれど、ミスターローが来たらあっさりとバトンタッチ。ホー先生を慕うおばさんが、続けて欲しいと懇願の声を発したのに〜(≧∇≦)

でハンヤンが終わってから、前に立ってハンヤン絡みの注意点をいくつか指摘し、その後にみんなにとって初体験の一指禅を教えてもらえました!

結構な運動量で筋肉痛になりそうです。
でも 途中声を発したり、動きが気功に比べて早いのでなんか楽しい!

年配者達もついていってたみたい!

またやって欲しいとお願いしておきました。



C7117878-BC25-4BD6-BD76-7ABCA751A5E8.jpg

最近土砂降りがあり水量増しています(^O^)/
posted by グリーン at 13:35| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする