2021年10月07日

NMS1人ツアー

現在もシンガポールは感染者数
高止まりで2000人台だったりするので
ボランティアのガイドツアーは停止中。

ひとりツアーも悪くないです。
新しい展示に気付いたりできる。
例えば3Dのドアップ動画

62305533-B187-4715-918A-B1B5F8E03030.jpg

A4BE2629-0AAE-4BAF-8689-E93CEAE2C16C.jpg
125センチ程の飾状だがふうんと
観ていたものが アップになると
ほほーに変わる!

75E7B317-DCB0-490B-9809-6ECF7C3C741E.jpg
NMSを後にして ACMまで足を
伸ばした。途中プラナカン博物館の
工事状況も見て。

E09DBC45-359B-4D3C-820B-978FDE7A722F.jpg
工事終了はまだ遠そうだった。

FD2E635C-032A-4422-BE55-D4716703059B.jpg
こちらはフリーメイソンのロッジ
なのだがレストランは入れそう。
また行ってみたい。

C3C100D6-1168-4BB0-B0AE-407BEDB00390.jpg

ACMに到着したが時間が遅くなって
しまったので中には入らず

A2BB5259-8DB4-4DD6-93FA-4CEA78414A4E.jpg

博物館内歩いたようでも歩数はいかず
この博物館ホッピングで何とか目標達成

6E3892D9-E8B0-46F9-A696-52E6A9E798D9.jpg
朝食に先日買ったカモメベーカリーの
しょくぱをシンプルにバターだけで
頂いた。

美味しい❣️
日本のパンの技術やっぱ高いですね!

C9521EDE-E812-4D9D-BB8D-4A63B54B49B5.jpg
夕食は冷凍庫の中のごはんとサバを
レンチン。

地味に美味しかった💕
posted by グリーン at 09:09| シンガポール ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月06日

BG周りで帰宅

お仕事 楽しいかというと
そうでもないです。

テンポラリージョブのせいか?

タスクには慣れてきて集中しやすく
なった気がする。

その分他の人と距離を感じる感じ。

基本的にみんな忙しい感じで
仕事に絡みがないと、そこに
踏み込んで良いのかどうかが
気になったりする。

日本人のベースの仕事の距離感が
分からない感じ。

気を遣っているせいか、デスク仕事で
じっと固まっているせいか疲れる
ようだ。

帰りは例の下見したボタニックガーデン
経由で帰ったのでウォーキング
できたのだけどね。

1B0B7B50-0BE4-4C1E-9CB7-8E5821EE2434.jpg
ナッシムゲートに置かれた
ずんぐり可愛いカエルさん🐸

772C95FF-6F14-4248-BAC4-B9B72F546F82.jpg
綺麗な睡蓮💕
まるで造花のよう

34E6C51A-D60A-4A97-B5D6-9FB79E815849.jpg
またグリーンギャラリーに寄る。

次のYouTubeネタにしようと。

7CAE3B51-8855-4398-949A-3CC2EA345A5D.jpg
十分歩けたのでBGからはバスで帰宅。

園芸店にちょいと寄った。

A64CA39A-053B-4871-9028-B1DBB992ED78.jpg
この袋の中には収穫前の実が!

なんとスターフルーツ⭐️
園芸種でも こんなに大きな実が
着くのだと驚いた。

EED7CC8F-3F79-4A47-A147-875E82685F4D.jpg
夕食はこちら

食べたい味にフィットして大満足❣️


posted by グリーン at 10:53| シンガポール ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

初七日

今朝出掛けに弟から葬儀の祭壇と
初七日まで終わった旨のラインがあった。

誰が参加したのか明記はなかった。
センシティブなことなので
そこは触れないでおこう。

お嫁さん、孫達から見た父は
理想的ではなかっただろうし。

写真も送ってきてくれてた。

F39D0258-8173-4429-BCF8-8FEE68C5D3B5.jpg
うちのはスタイリッシュではないわ。
でも今朝も経を読んできた。

4BCA7D08-8232-44DA-9FB3-8A8F64AC5D6D.jpg
昨日の夕食
一応殺生なしのベジタリアンの素食。

ご飯しっかり食べたので今朝の体重は
40kg台でした
posted by グリーン at 09:05| シンガポール ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月04日

充実のお散歩😄

日曜日のお散歩はやっぱり
ボタニックガーデン🌿

道中から嬉しいこと多くて
長くて楽しいお散歩に💕

53D2DADB-11E7-416B-A815-0FEFE4A757A5.jpg
小さな丘を上り降りて住宅地に
ランディングコース

いつも素晴らしいお家前の設えのお宅。
よく見るとライティングするようだ!
夜はこのルートちょっと怖い。
獣道の丘は足元悪いし、別ルートも
ブッシュ中を歩かなくてはならない。
どうにかよるみにこれないか?と
思案しながら歩いた😉

98C3A1E9-1CC2-4315-80D0-FF628B74E9D6.jpg
ブルーピアフラワーの種収穫。
いつか栽培できると良いな!
蔓性で、居心地良い場所なら
大いに茂ってくれるはず。

322A43B8-379A-47E6-8E93-261A4F2F16FD.jpg

いつも気功している所には何組もの
ピクニックら中のグループが😃

私達も大きな木の木陰を享受して
いつも練功していたことに気づかされ
改めて有り難さを顧みた。

AD2BCBF4-BA03-429A-8373-3244B7722BBA.jpg

そして素晴らしい体験がここで💕💕

E3158992-DBFC-4359-BD11-DB8156E5107E.jpg

連行する場所のすぐ上の小道。
草が風のせいかで忙しく動いて
いたのが目に止まった。

ここで気を入れようと立ち止まり
体制を整える。

嘘のように気が入ってきて
目の前の自然や包まれている大気と
同化しているのを感じた。

デニスは労宮とか目から気を入れると
いつも言われているが 私の場合
全身がすっぽり気に入る感じだ。

それが視覚的にも感覚にも実感出来る。
視覚は植物の動き。一気にザワザワ
動き出す。感覚は風。

そして心地よい。

素晴らしく良いひとときだった❣️

気功仲間とは誰とも会わなかった。

先週、チャオさんが後方で気と
コンタクトしていたグループの気で
倒れそうになったが、その人達も
コロナの規制強化のせいでかいなかった。

出来れば話をしてみたかった。

あの出来事は、やはり受け手の問題
と今では思っている。

スーフーに発気される時私も
後ろに大きく後退することを思い出したからだ。誰かにコントロールして!と
その時言われた気がする。

敏感になってくると気は入って来易く
なるが、しの気が強いと立って居られなく
なってしまう。

だから気を受けて体の中に循環させる
周天を体得しないといけない!

ああ、早くスーフーの気をまた受けたい!
でも それまでに気のコントロール
練功しなくては!

さて次に向かったのは、この
BGD内にある無料博物館。FA7DE4A5-38B6-4ABB-87F6-971A46BE576D.jpg

絵画や写真など数ヶ月単位で展示が
変わるし、エアコンの冷気に浸りたくて
時々入るオアシス🌴☀️

昨日は ここが自然のグリーン化に
寄与する機能として存在していると
改めて実感した。

まずこの建物が自然フレンドリーである。

96F2D2EA-B9FF-49CF-AC7F-1E6A8BA319E4.jpg
地面から浮かせて、コンテナを設置。
屋根にはソーラーパネルで電気供給。

壁材には自然廃材利用
20F5FA34-BFBB-4CE4-84FE-E4FD18CC95F5.jpg
暑さを防ぐ植物も壁に貼り付け

805ED5E5-D86E-48E6-8771-28C35CCF1DD8.jpg

今回の展示テーマはクライメート
チェンジ

EA8A52F8-6150-4F1E-9962-D1ABC4023BDE.jpg

地球温暖化は加速しており、コロナで
大変とはいえ、こちらも待ったなしに
世界中で対応することが求められている。

二酸化炭素排出量が最も大きな
課題だが、狭い国土のシンガポール
では地球規模で与えるほどの
インパクトは正直ない。

でもこれまでの日常の見直しや
技術発展に伴う改善。そして自然と
親しむ心を育てることが提唱され
すでに実行されていることが
伺える展示になっている。

F873834C-E7CB-4B0F-8442-1645C5A1DE11.jpg
我らが首相リーシェンロンの演説

3AA6A779-7F86-4D69-8941-CB09A21D1984.jpg
グリーンベルトを島内あちらこちらに
設置してウォーキングやサイクリングで
自然の中に身を置ける環境づくり

3AEA2678-41CC-45D8-AA70-B054DC5B7912.jpg

自然を住空間に取り入れる工夫
屋上菜園など
BF41CC6A-1627-45C6-AE7E-E0624A0BB6E8.jpg

D762AAB9-0EF2-4249-8101-CD0A1270EC1C.jpg

10年ほど前に作られたこの展示場
そのものが そのコンセプトによるもの
でした‼️
45707257-E1BF-4E12-870A-31350EAA6155.jpg

03C4BC6F-AE3C-4F90-963D-6A3FD3B3F5C1.jpg
CDCとは都市開発会社という企業で
エコで次世代の都市計画を実験
実施しながら国民への啓蒙もしている
国が働きかけた企業なのかも。

95969314-3E21-435E-B4AD-6CA17933CA18.jpg
次の私のブラブラミッションは
勤め先からの帰り道開拓。

このボタニックガーデンは徒歩圏内
なので新たなルート確認だった。

上の写真にように出られるかと
思ったら通行止めがあったりするので
行ってみてよかった。

1FD94F5B-10AC-4736-AAD2-8F3F249D3C6A.jpg
比較的車が少ない車道脇に一応
歩道もあり、豪邸と森の様な緑を
見ながら10分程度歩ける様だった。

906494E6-AC91-4E4E-91C8-ABDABB0AA269.jpg
ボタニックガーデンに着いたら
シャトルバス利用もできそうだ!

946AF478-9C72-40EA-BCA4-6ABEE1B3C7D6.jpg
さてオーチャードに到着。

クリスマスのライトアップ準備が
スタートしていた。10月に入ったからな〜
月日経つのは早い!!

さて次はNovenaに向かうよ〜

目指すはばりうまラーメン屋。
ノベナ店クローズのプロモーションを
目指します!

BGで軽くメロンパンと青汁入り
ジュースで朝食とったけれど、
まだお腹にスペースありそう!

5F630900-68D6-4C5F-9F31-366EEC5B6D5C.jpg
プロモーションはビールの一本注文で
一本が無料で頂けるというもの。しかも
その一本お持ち帰りOKで、ビアマグも
プレゼント❣️

E7F29CAD-78C4-489F-8235-FFAAD8C3CDC7.jpg
ラーメンは友人一押しで食べて
みたかった!

比較的小盛りで良かった。
チャーシューは厚いのが一枚。
何よりなのはスープの濃さ!

しょっぱくないが旨みたっぷり❣️

麺はお店で作っているらしい。
こちらは私の好みでは無かったが
大きな問題ではない。

お店の人の対応も良かった
クローズ残念だね〜
タングリン店は存続とのこと。

帰りにカモメベーカリーに入って
食パン買ってみた。味見楽しみ💕

さてどう帰ろうかと考えた。
万歩計ですでに1万歩越えていたので
最寄りバス停でバス乗り継ぎ帰宅に。

乗り継ぎのバス停で10分待ちになった
ので近くのショッピングモールに入る。
探していた美容グッズ手に入れて

F0F45BD4-76F4-4924-B08B-AF6F24D35869.jpg

うちに帰ってYouTubeの動画編集。

そうでした!朝の散歩の第一が
この録画で始まったのでした!

太極拳の自撮り
内功も続いて自撮りして
それぞれにコメント入れて編集。

26A0E5ED-F6DD-43F7-A213-E18A75DEE9BC.jpg

バランスと体幹をトレーニング出来る
太極拳も体調を診て隅々に気を入れつつ
機能を保持させる気功も健康維持には
良い効果があると実感出来ました!

219A9A48-E59D-4DC6-8D0D-2C0A155C81F7.jpg
お祈りコーナーに持ち帰った
キリンビールが加わりました。

パパ喜んでくれているかな?!

今日荼毘に付されるので、体とは
お別れですね。魂が美しく天昇されん
ことを祈って読経しました。
posted by グリーン at 10:07| シンガポール ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

土曜の朝散歩は

昨日はボタニックガーデンに
お散歩に行くことにしました。

同じ場所でも通るルートや植物園内の
コースにはバリエーション色々です。

昨日は、メッセージのやり取りで
出かけるのが遅くなったのと
天へ旅立った父へ手向けるお花購入
を考えてイクステンションから
ファーラーロードに抜ける道を選択。

83B1FE5A-CEB4-4CB2-9A2C-C90256855557.jpg
雨梅雨に湿った植物たち
ここでは鮮やかな黄色のテールを
もつ黒アゲハを写したかったけれど
捉えられなかった。

6758D222-43CE-4C8F-BDC0-68872D7727C2.jpg
360°ビューの丘

DBB58236-D507-42AE-9B8D-65F22B446343.jpg
ランチタイムのピクニックでいくつかの
家族が集っていた。

E6D9AEBB-3F77-4AF5-8E91-37CFDF246ED6.jpg
絶滅しそうなホーンビルという
大きな鳥の繁殖を見守っていたらしい。
もう使われなくなった巣だった木がコレ

D254297F-DAA5-4959-A594-BF49EC466330.jpg

5BEABBA3-5709-4A53-9F66-35DA682B5673.jpg
ウルトラマンの顔の実がたくさん

FF9F378D-29E1-4EF4-9D98-7D6CA22E95B6.jpg
ファラーマーケットでお花購入
あまりに投げ入れ😅
母の時同様最初は白い菊をと
思っていたがなくて 白い蘭にした。
菊はパパのイメージではっきりしない
優しげな色合いのに。

5BE79B33-6727-455B-9E6F-95C43C18BF4A.jpg
アンサナの実と言うか種

47E535C0-FBA9-4B93-87DB-59307EF7F406.jpg
夕食は精進料理と言うか
ベジタリアン経済飯
湯葉とピーナッツの煮物が
美味しかった。

posted by グリーン at 09:35| シンガポール ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

父 逝去

10月2日未明 昇天

弟からLINEメッセージもらう。

写真を送ってきてくれた
25B4DD73-4194-40B4-8A08-7EDE0F6B3B5C.jpg
痴呆でボワーっとしていた表情が
消えて人格ある人の表情に戻っていた。

95歳長い人生お疲れ様でした。

口数多い人ではなかった。
厳しい人ではなかった。
行動的ではないが自分流で
不思議にあちらこちら歩いちゃう
ことが多かった。
ママの煩すぎるああだこうだに
できる限り無視を貫く人だった。

若い時 ママに言い寄っていたエピソードはママから聞いていて、父になったパパのイメージとはかけ離れていた。

私達子供が知らない若い時の父😃

カメラが好きでママを被写体にした写真が少なからず残っている。

どちらも若い時は美形だった。

内面で惹かれあったとは信じ難い!が
お見合いとは言えロマンスはあった
のだろう。ママは面食いだった
みたいだし。同時進行の別の方は
お顔で負けられたのかも。また
パパの強引アプローチも功を奏した
ようだった。

子供から見た両親は仲むつましく
決してなかった。私が親になったら
子供の前で夫を軽んじる態度は
やめようと思ったぐらいひどかった。

父は無頓着な人だった。それを
あっさり許すと言うか
流しちゃえる母は不思議だった。

文句を言うけれど、建設的意見に
発展しないと言う意味である。

母の口うるささに父はいつから
慣れたのだろう?諦めた?

私に時々ポツリ言った少ない親としての
父の言葉をいくつかは覚えている。

「うちの家系について卑下して
はいけない。」

あと「他人に迷惑かけてはいけない」

確かに地主として辺境とは言え
結構な敷地を有していたし 地方議員
を輩出する名士だった頃もあったようだ。

自ら耕していない農地を農民にただ同然で
渡す政策により全てを失った没落家。

名士として志ある人の金銭的
スポンサーや居候をとっていたことも
あったのではないかと思うが
その良き行いは評価されることなく
自分たちが生き抜くだけでも大変に
なってしまった。

祖父は学者肌でマネジメント力は
無さそうだったし早くに亡くなった。

後に残された祖母はユニークな人で
才があるとしたら 人との関係性を
うまく築くこと。

それを使って呉服中心に京都で
仕入れして、田舎の親戚筋に訪問
販売をして糧を得ていた。宝石の
商売にも手を広げた。

かつての御家柄を鼻にかける様子は
微塵もなく むしろ自由を楽しんで
いた感じに見えた。

固定した家はなく 子供たちや
親戚筋の家に数週間、数ヶ月居候
しながらって普通では考えられない!
でもみんなが受け入れられる空気を
作れちゃっていた。おばあちゃんの
当たり前として。寅さんみたい😄

子沢山なのに悲壮感はない。
逞しい人である。
生き方の相談をする人を有して
いたのだろうか?

それは父が譲り受けたスタイル
かもしれない。家族に見せずに
相談なく実行するスタイル。

そう。だから父の本当の姿を
案外知らないかもしれない。

昔の地主プライドがないかと言えば
良い家のたしなみを維持する気持ちは
祖母も父もあったかもしれない

祖母は孫たちがきちんと育つことを
望んでいた。

成人した時、社会に出て恥じないようと
ホテル一泊のエチケット体験を
させてくれた。確か あなたの親には
その余裕がないだろうからと言って
いたように思う。

私がお嬢様学校の端くれの私立女子
ストレート校に行ったことや人気
就職会社に入社したことを2人とも
喜び自慢に思っていたようだ。

私の学校の成績では、その一流企業に
入るなんて鼻から思っていなかったのに
父はしっかりとコネを取ってきた。
船会社関係で取り付け、入社試験の
ペーパーテスト合格を条件にコネを
発動してくださったようだ。学校側も
それに基づいて申し込みをしてくれた。
お嬢さんの腰掛け就職に乗っかれたと
言うわけである。

この就職は その後の私の生きる場を
広げてくれるのに大きな役割となった。
つまり父は私に最高のプレゼントを
してくれたのだった。

私にとって そのクラスにいる
居心地の良さを知り、それを求める
何かがあることをうっすら感じる
ことになった。

他の従兄弟も同じで、祖母は暗に
競いあわして促され育った感じだった。
特に女性陣。男の子たちは割と
鷹揚にいい性格で真面目で現実的
に育った気がする。

まあ没落は已むを得ずで受け入れ
逞しく前向きではあったがお家の繁栄を
次の世代に残すことがミッションだった
のかもしれない。

成功したのだろうか?

でも脈々と残っている家柄のお家と
比べると確実に違うと思う。

色々足りない!
もしミッションを秘めながらも
有していたのであれば言葉にして
刷り込んでいかないといけなかった
のでは?多分私達従兄弟世代に
志はない。

うちは分家。
本家には血を分けた子はいない。
父が長男で弟がこの分家を継いでは
いるが その息子にはこのルーツは
弟から伝わっていないだろうな。

なんの足しにもならないかもしれないが
いつか こんな家系のこと私が
知りうることを話してあげたい。

私の生きているうちのミッションに
したいと今思う。

パパ 安らかにお眠りくださいね。
ありがとう💕
合掌🙏
posted by グリーン at 11:03| シンガポール ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする