2017年10月10日

MC 上司から強制!(^^)!

週末から喉が痛かったが、オフィスでも時々咳が出始めると派手にゴホゴホ。。。

これはいかんと、持っていたマスクを
していたら、これまた派手に見られた
ようで上司が、今日はMC取って
帰りなさい!って

朝から言われていたのだが、ミーティングは
あるし、やることも色々あって、
まあ明日取ればいいやと。

派手に見える割には、私的には前回より
数段マシな症状だったのだ。

それとシンガポール人と日本人の気質の違い
もあるようだ。
明日休みなら、心落ち着ける所まで処理を
終えて、ゆっくり休暇を過ごしたいと
思うじゃないですか。

でも、彼らは、そんなのなんとでもなる。
構わないから直ぐにPC閉じなさい!って
後ろに仁王立ち!

昨日は、上司の指示に従い、メールでは
オートリプライにMCを取ると
メッセージを入れ、昨日の帰りがけには
クリニックにいってメディカル
サーティフィケーションを頂き、今日は
ゆったりする方向で100%動いている。

D1554003-73B3-4056-9D36-C61F230EF418.jpg

中医に行ったので漢方薬です。
効き目はゆるいかも知れないけれど
抗生物質は飲みたくないので満足。

喉が痛いのに、昨日は12時頃まで友人と
電話でおしゃべり。
MCを予定していなければきつかったかも。

ともあれ、今日は雨で明けた朝。明日に備えて、しっかり休養しようっと。
posted by グリーン at 08:20| シンガポール ☁| Comment(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

AH先生❣️

いつもの気功が終わってひと歩きして
帰ろうとみんなと別れてスワンレイク裏に
向かったのに何故か踵を返して反対方向へ

他のグループの気功を眺めつつ丘を
上がると 何と視線の先にAH先生が
座って ニコニコこちらを!

何という念力!!

そして会わせてくれた神様に感謝🙏

私の第六感はなく 再会を諦めていたので
驚いた〜 ほっぺをつねりたいぐらい。

少し痩せておられ、肺が悪いとのこと。

お互いのアップデートをしつつ
またいつものようにたくさんのことを
教わった。

前で気功をしていたグループは
気を感じ 気に合わせた動きを
各自していた。

その瞑想とも言える方法をまず
レクチャーしてもらった。

ごく小さな音量の音楽は鳥の鳴き声で
すら消し去られる小さな音。

それを無にして聞いてご覧と
言われ 何度かダメ出しを受けたのち
音が丸ごと体に入ってきた。

もはや小さな音ではなく まるで
自分の鼓動とシンクロしているようだった。

次に笑顔の特訓

目を閉じて笑ってご覧!
脳みそは空っぽに感じるままを楽しむ!

これも不思議なことに どんどん心地よくなり
私の別人格?!の心と対座しているよう
だった。

別の世界にいる心ちゃんは白っぽい
霞の中にいる紫色の光で自由で
穏やかだった。

あら 体から離れていると楽そうね
なんて会話した。そう行っている私も
リラックスしていたようだ。

そして八分金剛をしていると言ったら
すごい肯定はなかったが あれも陰陽が
動きにあると教えてくれた。

本当に何でもよくご存知だ。

そして次が一番大きな教え
腰曲げを教えて頂いた

体が硬いと諦めていたのに 彼の
マジックで大いに前進!

腕と顎が気持ちに会わせて前に出張るのが
いけない!

腰から押し込み お腹を中に入れ込むのだと。

AH先生は楽々それで地面に着いて
痛くもないらしい。

何度か練習して 少しはコツが掴めた。
まだ痛いけれど、足の付け根や骨盤に
作用するらしく 姿勢が良くなったと
言われた。

最後はハンヤンの矯正をしてもらえた。

しているつもりでも肩からの反転に
到達していなかったようだ。

またお天気で元気な時はご自身のためにも

来て欲しいもの。

去年リタイヤして一年経ったそう。
ほぼ丸まる療養期間だったのでは
ないだろうか。

何とか回復して欲しいと心から
願うばかりである。

53AD4A9A-D9D3-44DB-B3FF-5BB347C4D5F7.jpg



posted by グリーン at 12:37| シンガポール ☁| Comment(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

丹田呼吸鍛錬中

昨日はやや空模様が怪しかったのですが
AH先生来られていました。

ハンヤンは後方から見守っていて
くださったようです。

ハンヤン後は寝違いで首が痛いと訴えて
足首辺りのツボおしをして頂きました。

その後の養生気功後で 調子良いね。
それで良いと褒められました。

姿勢が改善してきているという意味でしょう。

先週一週間 姿勢改善で気の出入りトレーニングをしていたのが成功しているようです。

力を入れてはいけないのだけれど
長年の癖で正しい姿勢をするためには
ある筋肉を締めて補正する必要があると
気づいたのです。

いつかは筋力がついて意識しなくても
筋肉を無理やり動かさなくても正しく
立てるようになるのではと思います。
先は長そうですが。

テレビに出ているタレント 役者さんは
見られること、よく見せることを常に
意識しているので案外自然に筋肉を
使って真っ直ぐに立てるのでしょうね。

適度な緊張も強いられるからかもしれませんが
本番に力を発揮できる丹田力は
そういったことからかもしれません。

6DFF96DA-E607-4699-BF4F-F0C32CA1C386.jpg
明るくなりたての朝 気功をしている丘に
向かいます。
posted by グリーン at 08:45| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

チベットチベット

在日韓国人3世 キム・スンヨンが書いた本を読んだ。

ACE31633-3848-43EB-AAB2-A61095FD5656.jpg


知っているつもりのチベットは肝心なことは何も知らなかった。
本だけでなく、本当のチベットの現状を知ってほしいと著者自ら
映画を作成している。

より多くの人が読み、観てほしい!

すぐに何かできなくても、知ることは大切だと思う。

読後、検索してみたら日本の密教の住職がテレビで現状を
訴えていた。

世界がほおっておくのは、自国のメリットを優先すると
これにより中国と摩擦を起こす必要性の優先順位が低いから
なのかと疑っている。

しかし、こういうことがひいては戦争を引き起こす要因になる。
戦争に至らずに済んでいるのは、被害をこうむっているチベット人が
仏教徒で殺生を好まないことや、それを推奨しない亡命中の
ダライラマ14世の存在があるからであろう。

ダライラマにもしものことがあったら、たとえ仏教徒でも
蜂起する人が出ないとは限らない。

この本を書いた著者は、日本に生まれ、韓国人であることを
隠し、日本人として学生時代を暮らし、親や祖父母が祖国の
誇りを維持したいという姿勢に逆らって日本籍に入ろうとさえ
していた。長年のアイデンティティを見つめなおすかのように
親に鍼灸医学の勉強に行きたいとウソを言って世界旅行を
試みたのが発端だった。

旅で得たものは多かったようだ。同じ故郷だと知ったとたんに
見ず知らずなのに大歓待してくれた韓国のキムさんの存在。
ダライラマは亡命政府をインドのダライサラムに樹立。チベットの
本土は中国人に制圧されているが、彼がいるところが彼らの国
だという考え方に触れる。でも、子供たちは純粋に、チベットを
捨てるわけでなくチベット人として本土に帰りたいと言う。

さて、知ってほしいことというのは、中国がチベットに非人道的な
行動で彼らを迫害している現状である。

かつてのユダヤ人の虐殺と変わりないぐらい非人道的。
裏には中国とロシアの取引があり、ロシアが中国にチベットを
駆逐することを迫っていたらしい。今から約6,70年前のことである。
今も危険を冒してヒマラヤ越えで亡命国に向かうチベット人がいる。

社会主義を推し進める上で宗教で人々の心を掌握することを
良しとしない中国はチベットに勢力拡大を成功させたのちは、
自治区としての自由をほしいと訴えるチベット仏教の中枢である
仏教界に弾圧をしかけてきた。彼らこそが人々の自由や幸せを奪う
根源だとし、中枢の力を封じようとしたのだ。

最初は、中国こそが民族の味方とばかりに人々に情宣。
民衆が中国の態度に異を唱え、抵抗する僧侶に同調するかのように
民衆のデモが膨らむと、彼らに銃を向け、引っ立て、人とは思えない
拷問を繰り返し行う粛清に転じた。

ダライラマと仏教徒の教えを支えに、すべてを受け入れ拷問に耐えたり
逆らうことなく命を落としたチベット人が大勢いたことを私は
知らなかった。

ダライラマがいる亡命国のことも知らなかった。

中国政府は東シナ海の勢力拡大に東南アジアの海域に、主権を
主張してせめぎあいをしているが、彼らの権利がないところにまで
覇権を広げる方向は今も昔もかわりがない、その中に人権が無視される
ことも変わらないのだろう。チベットのことを見ると、彼らの行動に
潜む恐ろしい目論見をもっと深刻に考えるべきだろう。

なんでこんな人でなしなことを今の時代もできるのだろうか?
なんで国連など平和を訴えるべき存在がこれをのんきに放置するのだろう?

平和を乱す存在中国、朝鮮のことは有識者には悪の存在とレッテルは
貼っているとは思えるが、非合法を推し進める彼らの前に、合法で
対応するには限界があるということだろうか。

過去の歴史で国が倒れるのは、国内の人々が反旗を起す時である。
マインドコントロールされているかの国々の人々の目を見開く方法は
ないものだろうか。

ネットコントロールはかの国の重要課題で、厳しい規制がしかれている
ことは想像に難くない。なんとかこれらの逆手を取って民衆に訴え
られないものか。

チベット民族の存続の危機の中、人の道を生きている彼らは抵抗はしない。
ダライラマ自身も世界各国に招待されていってはいるが、チベット人を
救うための有税でなく広い人の生きる道を説く高い位置に視点を置いている。
彼は仏教の教えを広げるのがミッションで足元の幸せを求めていないので
言わないのだろう。しかし、周囲の先進国はもっと学び、気づき、
そこに言及し、行動を起こさなくてはいけないのではないだろうか。

思いつくままに書いてまとまりなくなってしまったが、今私にできることは
できるだけ多くの人に現状を見る目と知る探求力をもってほしいなと
訴えること。最初の第一歩が次につながると思うから。

筆者はじめ、この本のことや映画は検索すれば簡単にヒットする。
posted by グリーン at 06:52| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

一指禅

最近 AH先生は毎週来てくださっています。

中国人の暗黙の担当分けは今もってりかいしにくい。

ハンヤンハンヤン 白い服の人、ミスターローが 何故かやりたがっていてAH先生がそれを良しとしている。

今日はミスターローが遅れてきたのでAH先生が始めてくれていたのだけれど、ミスターローが来たらあっさりとバトンタッチ。ホー先生を慕うおばさんが、続けて欲しいと懇願の声を発したのに〜(≧∇≦)

でハンヤンが終わってから、前に立ってハンヤン絡みの注意点をいくつか指摘し、その後にみんなにとって初体験の一指禅を教えてもらえました!

結構な運動量で筋肉痛になりそうです。
でも 途中声を発したり、動きが気功に比べて早いのでなんか楽しい!

年配者達もついていってたみたい!

またやって欲しいとお願いしておきました。



C7117878-BC25-4BD6-BD76-7ABCA751A5E8.jpg

最近土砂降りがあり水量増しています(^O^)/
posted by グリーン at 13:35| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

シンガポールも連休中

日本はゴールデンウィーク
こちらは5/1のレイバーズディで振替の3連休

今日はいつも通りに日曜気功に!
ハンヤン2回に 前からの気功2セット。

デニーは来ていたけれど 彼のフォロワーが
いなかったので 彼は何もせずに終了後に
個人インストラクションを初参加の方に。

そしてAH先生も最初から!

新しい人を連れてこられたのか
興味を持たれたのでコーチに付いたのか
ハンヤンの間じゅう傍で指導。

1人は肩こりがひどい人で かなりの気を送って治療モード。

彼女以外に夫婦がニューフェイス。
奥さんはヨガをやっているけれど 体が
コチコチ。ご主人は気を奇妙なものと
思えるのか AH先生の指導が辛くなったか
少しずつ距離をおき、やがては諦めて眺めるだけに。

気功の後、コチコチの奥さんの対処をするAH先生に付き合い施術を観察。

腹部に気を送ると体は反応して動くけれど、本人の意識では感じられないようだ。

頭が拒んでいるのかしらね〜。

私はリラックスと言われても それができないのよ!とキッパリ(≧∇≦)

出来ないって言っちゃったらできないよ〜。
トライする気になってみようよ!と促して
実際トライを試みること まあまあの時間を。

まだまだだけれど頑なさからは一歩出られたかも。

私も彼らの前で発気を受けて見てもらった。
信じられない!という感じだったかも。

今 自分では緩めて委ねたら自然に体を動かすことができる。スイッチが入るみたいに。

静かにもできると思う。

今日のは明日 筋肉痛の動きだった。
どこが悪いわけでないけれど、毒気を出した気がする。心地よくなった(^_−)−☆

今日は二胡の練習会が無かったので
デニーの「食べるね」に付き合って
クイーンズタウンへ。

リノベーションだったそうだけれど
大して変わってない!

テナント料は上がったかもねって。
ふむ〜

今日はデニーにおごってもらっちゃった(^O^)/

帰りは、リトルインディアにお買い物に行くっていうから 車はそこで落としてと言うことになった。

それで大変なことに(*_*)

ショッピングセンターの駐車場待ちで列が動かなくなったのにデニーがアイディアを。

すぐ戻ってくるから運転席変わってない!って。

ええ〜と思いながら本当に動かないからいいかと承諾し、彼が買い物に向かった途端、次々車が出て動き始めたじゃないですか!

結局 地下駐車場間で運転する羽目に。

久しぶりだわ!
それも あんなでっかい車で!
緊張した〜

今日のクイーンズタウンでメルビンが
必死で喋り出した自分の怖かった経験を彷彿したわ!

でもちょっぴり楽しかった♪

メルビンの怖かった経験はアメリカでのことで、
3つもあって

1 霧の中夜の慣れない道運転。
絶壁はあるし、ローカルの人はこの状況に慣れていて ノロノロ運転の彼の車を容赦なく幅寄せたり 追い越して来て止まれないし アピールも出来ず肝を冷やしたって(≧∇≦)

2 初ディズニーで初コースター
なんとシートベルト無く上からの肩ホルダーだけに大いに怖かった!目も開けられなかった。
奥さんは降りてから呆然に(≧∇≦)

3 急に坂が厳しくなってきたと思ったら割れるタイプの橋だった!パニックになりながら 間一髪向こう側に到着(≧∇≦)

ハハハ どれもシンガポールでは経験できなかったものね!

じゃ 地震は?って聞いたら、他の人が机の下に入った中 ひとり怖さですくんで突っ立ってたって(^O^)/

話し出したら止まらなくて AH先生が途中に顔出してくれて話しかけているのに完全無視なのよね(≧∇≦)

今日クイーンズタウンへ行くって聞かれたのはそういうことだったのか〜

健康スープを買って来て差し入れてくれたのでした。

ジンジャーたっぷり入った黒いスープで酸っぱい味。健康に良さそう(^O^)/

ポーリンが女性に特に良いのよって説明してくれた。

ポーリンも面白くて 旦那さんと完全別行動で 旦那さんが帰った後にやってきて私たちの井戸端組へ。

デニーがおごってくれたのはワンタン麺。 自分はラクサ食べていたのだけれど足りなかったのかインドのロジャーも注文し食べようって。

このところ二胡レッスンでここに来れなかったので久しぶりの空気感だった!

D1CAB1A0-6867-4CE3-8734-9384454A74F7.jpg
ワンタン麺

F3CF076E-C076-4787-BE3A-7B7681608272.jpg
ダニエルさん達は 今日はご用があるのか
先に到着されていて
ここのローカルスイーツだけだったみたい。

そう言えば、みんながプロフェッサーって呼んでいる彼も途中参加で またみんなの写真撮ってくれていたわ。

まったり休日です。

お部屋に戻って お茶してますが
頂きものの素敵なティーバックから選ぶことに。
どれにしよう?!

15A81E16-9C01-4122-BB7B-F9DDF729CB6F.jpg
目移りしちゃう。

さて お茶終わったら、「夢をかなえるゾウ」2
の続きを読もうかな!



posted by グリーン at 16:38| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする